Diario de Aru--アル日記

スペイン×留学×ミニマル

【ミニマリスト】「お試しミニマリスト生活」のススメ

こんにちは。

温かい紅茶がおいしい季節になってきたことを身を以て感じるMii.です。

 

今回は、ミニマリストを目指す方にぜひオススメしたい

ミニマリスト生活を体験する方法をご紹介します!

 

1. どこかへの長期滞在=ミニマリストになるチャンス?

 

どこかで長期滞在することはミニマリストを目指す方に有効です。

少なくとも、私にはとても有効に働きました。

 

理由は3つあります

  1. 持っていけるものが限られるから
  2. 気に入っている、あるいは快適なものを自然と選ぶから
  3. 実際に処分しなくていいから

順を追って説明します。

 

2. 【理由1】持っていけるものが限られるから

もの、と書きましたが、ものの量の方が正確ですね。

 

私の場合、

  • 留学に行くために、2つのスーツケースに荷物を詰め切らなければならない
  • 服もなるべく機能が被らないように選ばなければいけない

この2つの条件で荷造りをしました。

 

最初は、「これだけのもので生活できるだろうか…」と

とても心配でしたが、

ここで人間に備わった適応力が活躍してくれます(笑)

 

もちろん現地で調達したものもいくらかあります(タオルなど)。

が、服飾品はほとんど買い足すことなく生活できています。

 

ということは、私が生きるために必要な量は

部屋いっぱいのものではなく、

スーツケース2つに収まる量のものなのです。

 

 

これからまだまだ減らしていきたいですが、

強制的ながらも自然に適切な所持量がわかることは

1つ大きなメリットではないでしょうか?

 

3. 【理由2】気に入っている、あるいは快適なものを自然と選ぶから

 

先ほども少し話に出てきましたが、

長期滞在時に持参できる量は、おそらく私たちが普段持つ量よりも少ないです。

 

ではあなたなら何を選ぶでしょうか?

 

想像できない人は、あまり難しく考えずに

一週間旅行に行くことを考えてみてください。

 

歩き回るかもしれないから、動きやすい服にしよう。

この服はお気に入りだから、これで写真に写りたいな。

このカバンなら色々入るしいいな。

 

 

こんな風に想像してみたら、いくらか絞られてきますよね。

それが、あなたに必要だと思われるの量の目安です。

 

実際にそれで一週間生活ができたら、

それがあなたの必要な量であるというわけです。

 

4. 【理由3】実際に捨てる必要がないから

 

ミニマリストになろうとするときに大変なことの一つが

現在持っているものの処分です。

 

捨てすぎてもいけないし、かといって減らせないのは困る…。

 

この方法なら、最初から捨てるのではなく

「お試し」として少ないもので生活するので、プレッシャーが少ないです。

 

無理せずにミニマリストの第一歩を踏み出すことができます。

 

5. どうして想像だけじゃダメなの?

 

これに関しては、実際に着まわしたり、洗い回してりしてみないと

「本当に必要だけど足りてない」とか

「実はこれが不要だった」ということが見えてこないからです。

 

まさに、机上の空論状態のまま終わってしまいます。

 

せっかく考えたなら、

「この量なら大丈夫!」と自信を持って言えるようにしたいですよね!

 

6. 実際にやってみよう!

大学生なら、休み中の一週間を使って簡単に実験できますね!

 

息抜きも兼ねて、どこかリゾートでそのようなことができたら最高ですが、

特に働いている方はそうもいきませんよね。

 

そのような方は、ウィークリーマンションなどを借りて

やってみるのはどうでしょうか?

 

滞在費用はかかってしまいますが、

その後の人生を快適なものの量で過ごせる価値に比べたら、

かなり安いものだと思います。

 

6. 【まとめ】お手軽に必要量を知れてオススメ!

 

いかがでしたか?

ぜひこれから長期滞在の予定がある方は試してみてくださいね!

 

それではまた次の投稿でお会いしましょう!

¡Adios!